2015年05月01日

ひげの剃り方

用意するもの
カミソリ
シェービンクブラシ
シェービンクカップ
シェービンクソープ
お湯
ホットタオル(厚手のものが冷めにくくて良い)

20150511134803710.jpg

シェービンクブラシやカップは東急ハンズなどに売っとる。
インターネット通販でも買える。
ブラシは100均で見かけたことがあるが、泡立ちは悪い。
無ければシェービンクフォームで、
最初から泡立つもの。

@カップの下にお湯を入れ、ブラシを浸す。ブラシのお湯をある程度切り、ソープを入れた上でしっかり泡立てる。

20150511134846857.jpg20150511134829720.jpg

A剃る部分に泡を塗る。ブラシを使うことで産毛を起こしたり、肌のクレンジング効果もある。

20150511134934328.jpg

B濡らしたタオルを電子レンジで1分程暖めたホットタオルでしっかりヒゲを蒸す。ヒゲの軟化や毛穴が開き、剃りやすくなる。
ホットタオルは熱っ!っと感じない程度。暖かい以上、熱い未満がいい。写真は撮影の為片手だが、両手で覆うようにしましょう。

20150511134950583.jpg

Cホットタオルを外したら再度、ヒゲに泡を塗る。

20150511135222661.jpg

Dカミソリをヒゲの毛並みに沿ってヒゲを剃る。肌の凹凸やシワに注意して、左手も添えながら大きくカミソリを動かすと剃りやすく、時間も短縮できる。剃り残しがあったら再度泡を塗るか、カップの湯をカミソリを持ってない方の手でつけて剃りましょう。

20150511135024619.jpg

E深剃りしたい場合は、毛並みとは逆方向へ動かせば深剃りできるが、血が噴きやすく、カミソリ負けや肌トラブルの原因にもなるので真逆よりは45°〜90°の範囲で剃るといい。



F剃り終わったら顔に残ったソープをしっかり洗い落とし、化粧水、スキンミルクで保水、保湿をする。カミソリを使うとどうしても不見傷という目に見えない傷が出来る。これをすることで、肌トラブルを起こしにくくなるし、起こしても早く治る。

20150511135042438.jpg

Gヒゲ剃りに忘れがちなのが産毛剃り。1〜2週間に一度はしていただきたい。額や目の下、頬骨あたり。ここまで気配りしたヒゲ剃りが出来るか出来ないかで男前度がグッと上がる・・・かもしれない。(-_-;)

補足
細かい部分。ヒゲの手入れや額、眉毛などはT字より、棒状のL字の方が刃が見えてやりやすい。が、切りやすいので気をつける。
カミソリのメーカーによっては柄が振動して肌当たりをやさしくしたり、寝た毛を起こすもの、バリカンがついてヒゲや眉毛の長さを揃えるのに適したもの、柄が短く取り回しの楽なものなど色々あるので、好みや用途に応じて使い分けましょう。


歳を重ねるとホルモンのバランスが崩れ、眉毛や耳毛、鼻毛がよく伸びますので、家電量販店などに産毛トリマーや鼻毛カッターがありますので合わせてお手入れしましょうヾ(≧∇≦)

§ここから広告§
化粧水、たくさんの種類があって何使えばええかわからん。量の割に高過ぎる。
そんなときは、【男整水】!!
男の肌に潤いを与える
オールインワンタイプの大容量化粧水
無着色・無香料・無鉱物油・弱酸性
32種類の植物由来エキス
3種のヒアルロン酸、プラセンタエキス配合
20150517100840070.jpg20150517100840070.jpg20150517100840070.jpg
posted by sanpatsuya.hata at 09:00| 岡山 | Comment(0) | ひげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

ひげ

“ひげ”という漢字。

代表的な漢字は“髭”ですが、部位によって違うのはご存知ですか?

髭・・・くちひげ
鬚・・・あごひげ
髯・・・ほおひげ

俺ぁ、最近まで知らんかったわ( ´艸`)

話し変わって、ひげ剃りって何使よぉる?

剃刀?シェーバー?

シェーバーは使ったことねぇけん、何とも言えんけぇ、剃刀について。

今頃は刃数が一枚刃から五枚刃まであるけぇど、何枚刃使よぉるかな?

刃数が増える程、接地面積が増えるけん、肌当たりが優しく、刃数が減るほど深剃り向け。
毎日剃る、肌が弱いなら4枚、5枚刃。
肌が強い、ザラザラ残るのが嫌なら1枚、2枚刃。
3枚刃は平均的なもんかな?

何にしてもひげ剃りの前とあとにゃあ何かつけて剃りぃよ。
刃物を直接当てるけぇ、切らんでも不見傷(目に見えない傷)が出来るけんな。

薬局でも、ホームセンターでも売りょうるで。

ところで、“5+1”とかいうんがあろぉ!
これ何か知っとる?
もみあげ揃えるのに使うんで!
(*'▽'*)
posted by sanpatsuya.hata at 16:30| 岡山 ☁| Comment(0) | ひげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする