2015年04月17日

外しの技

薄毛でお悩みの方に多いのが髪を伸ばして隠すこと。

これって、かえってボリュームが無くなってへたったり、透けやすかったりで薄毛が目立つこともあります。

そこで薄いところに合わせて横や後ろのフサフサな毛を短くしてみたり、おでこを出して顔を目立たしてみてはどうでしょう?

タイプ別に、

前からくる薄毛の場合、よくされているのが前髪を長くして下ろしたスタイル。
だいたいがセンター分け。
これだとこめかみ部分が薄く透けやすい。顔に光が当たらないので表情が暗く見えてしまう。
逆に思い切ってこめかみの一番深い部分で分けてサイドバック。今は普通になったツーブロックにしてもいい。
おでこを出して表情が明るくなる。
あえて広いおでこを出すことで頭から顔へ目線を向けさせる。

天頂部が薄くなってきた場合、これまた普通になったソフトモヒカン。
薄い天頂部より周りを刈り上げて薄くすることで目線をずらす。

ソフトモヒカンは前も天頂部もという方にもおすすめ。

共通して言えるのは、髪型を変えたら服装も変える。小物を変える。男は無難に黒やグレーなど、単色で暗い色を選びがち。

眼鏡をフレームの太いものや色を変えてインパクトを持たせる。

スーツを明るい色やシルエットが細身のもの、ネクタイを色味の明るいものにする。

普段着ならパステルカラーや明るめのチェックシャツ。
デニムシャツでも和柄の入った単調でないもの。

頭から目線を外すことで自分が気にする以上に人は気にならなくなる。
日本人は特に目を見て話す人は少ない。
なら、服装や靴、爪の手入れに気を使った方が好印象を与えることも少なくない。

座って話しをしていると、意外に見られるのが手。

話しが逸れたが、薄いところを隠すよりもあえて出してみる。
目線を集めるより、他へ目を向かせるようにすれば薄毛に悩む割合が減りストレスも少なくなる。
極論を言うと、死んでも、死に化粧するんだから死ぬまでおしゃれは楽しめばいい。

話しがまとめれん(*´Д`*)

posted by sanpatsuya.hata at 17:06| 岡山 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: